紡ぎ車と世界の原毛アナンダ

ちょっと変なオジさんの右手の話し。アナンダの仕事との係わり

これは私が小学二年生の頃の記憶。最近、思い出しては、何か、今の自分に係わりが有るのではないかという気がして来た。その、ちょっと変なオジさんは、父が洋服屋を営んでいたので、たまに、店を閉める時間にやって来て、父と普通に話しながら、店が閉じるのを待って、小さな台を出して、二人で酒を飲み始める。私は子供だったので、父にあのオジさんの事を聞いてはいけない様な気がして黙っていたが、ふすまの向こうの方から見えた。


のろまのスメーダ仙人

昔、ベンガル仏教寺に泊まった時に寺の人から聞いた昔話。

仏陀がもうすぐ、この道をお通りになると言うので、村人たちは道のでこぼこをシャベルや鍬で急いで平らにしていた。スメーダ仙人は山をも動かす力を持っているのに、やる事が、ひどくのろまで、その日も、手で畑の泥を運んで来ては道の中央に出来た水たまりを埋めていた。懸命に、だが、のろりのろり。


鳥かごから出て自由に・・空を飛べるか!

昔、ペルシャの詩人が、「ああ、自分は鳥かごから出られて自由になった」と喜びの詩を歌ったそうだ。誰も自分の心に、無意識に評価の基準を作り、鳥かごを築いて、その中に自分を閉じ込めて生きて居る。鳥かごと気付いたら、破り捨てれば良いのだけれど、それが、そう単純には行かない。ヒトは群れる動物種だから。


手作りが基本の国インドに憧れるのは?その根は?

手作りの文化は量産には向かない。量が増すほど精度が下がり、リスクが増していく。以前、綿の種取り機を100台、インドの村の職人に注文したら、喜んで受けてくれた。が、その職人から、しばらくして、60台で勘弁してくれと頼まれた。そして、受け取った60台の内、20台のみ、綿の種がつぶれない、そのテストも大変。売る時にも調節が自分でできなければ、アナンダに電話して、相談して下さい。と心配付きで売った。残りは調整に大変手間取るので、今も納屋に転がっている。


原始仏典、中村元、中阿含経第五十六巻。「この法は知に赴かず」

教えを求めて尊者アーラーラ・カーラーマを訪ね、学んでいた釈迦族の王子シッダールタは言った。わたくしは尊者の説く法に達するのに、そう長い時間はかからずに済んだ。わたくしは、ただ唇を動かし、言葉をかたり、長老の知識をひとに解説する程度には、われは見知り、われは理解する。と、自他ともに認め、先生と呼ばれるほどになった。そこで王子シッダールタは問うた。「尊者アーラーラ・カーラーマよ、あなたはこの法を、みずから感じ実証し、どの程度にまで体現して、われらに告げて居られるのですか?」と。しかし、実にアーラーラ・カーラーマはこの法をただ信ずるだけで、われみずから知り、証し、体現している。とは告げてはいない。そのとき王子シッダールタは気付いた。この法は知に赴かず、正覚に赴かず、平安に赴かない。ただ知識を獲得し師弟を演じる具とするのみ。と。そこで彼はそれを尊重せず、そこを出で立ち去った。


紡ぎ車と群れる力

ヒトという動物種が、地球上に生きる多くの他種の動物たちと、大きく異なっている点は何なのだろうか。家の周辺に生きている雀やカラスを見ても、仲間が居て、巣を作り・・・そこらの小さな蜂でさえ、食物を得るために真面目に飛び回って、自分の子供を大切に育て・・・、何かヒトと違っている点が有るのだろうか。ヒトは言葉をしゃべると言っても、それは、鳥たちとは鳴き声が違う程度の事で、差は、ほとんど無いのではと思えるほどに、命有る者は良く似ている。
いつか、まだ目も開かない、裸の雀の子が巣から落ちて、子も親も大きな声で鳴いているので、拾って羊毛にくるめて、暖めてやった。巣は高い所で、もどしてやれないので、ペットショップから餌を買って来て、会社の事務の人の机に置いて、10分ごとに餌やりを頼んで、育ててもらった事があった。裸の子雀は数日で全身に毛が生えて来た。


「アナンダの紡ぎの本」今年中の出版に挑戦!

アナンダが訳して出版した「アシフォードの紡ぎの本」が、数年前に売り切れた。再版の希望も多かったが、しなかった。それは、その本には「紡毛糸」の記載が無く、紡ぎを楽しもうと言うのに、大事な紡毛糸のページが無い「紡ぎの本」は、今では考えられない事。問い合わせには、すぐにアナンダの紡ぎの本を出すから、とは言ったものの、出せないまま年月は過ぎて久しい。自由に紡げるようになる独習本の範囲なら出せるのだが、時代は今、単なる技術を超えた内容の紡ぎの本を求めて居る。その内容は伝えるに困難。だが、経験を活かした紡ぎの独習本に加えて、今こそ、その伝えるに困難な内容に、挑戦すべき時だと思う。

前書き:「紡ぎ車は暮らしの道具」 かつて家庭にミシンや自転車が普及した様に、いつか、紡ぎ車が一般に広まり、紡いでいる姿が普通に見られるようになる。と、アナンダは信じている。が、ほとんどの人は、まさか、と思っている。

消えたクレヨンの話し。

 宮崎県の延岡市は化学工場があったので、米軍の空爆で全部焼かれた。私の一家は延岡から父の曾祖母の出里、高千穂の近くの村に逃げた。村外れに農家の作業小屋「田小屋」を借りてしばらく住み、その村はずれに竹屋根の家を建てて子供7人の一家9人は住みついた。私の現世の記憶はそこで始まった。幼いその頃の記憶。いつも一緒だった兄と、その日も一緒に、兄の友達に誘われて、なぜかその日は普段あまり遊ばない、小柄な兄妹の家に行った。小さな藁葺きの農家の暗い土間に入ると、奥に明るい所が有って、その兄妹は小さな紙切れに、ごしごし色を塗りながら、明るくはしゃぐ声で、皆で、絵を描こうと言った。そこに有った、汚れたクレヨンの箱と半分ほどにまで短くなったクレヨンを見ると、兄も私も大変に驚き戸惑った。兄は苦しそうに「ああ、ここに有ったあ」とうめく様に言い、私は横で無言。・・・

近代技術の中での「暮らしと紡ぎ車」(2)

近代化と個人性の喪失
近代技術は作業の徹底的な分割で生産効率を上げ、大量生産が始まり世界を大きく変えた。英国で産業革命が起こり、植民地主義が原料産出国を統治し始め、必然的に軍備拡大、造船産業、帝国主義がはびこり、支配国、被支配国の国民差別思想の時代が始まった。支配された国の人々は奴隷的労働を強いられた上に、原料の作物を搾取され、製品を売りつけられて貧困と差別に苦しんだ。植民地主義は世界中を徐々に大きな戦争に巻き込んでいった。日本にも黒い軍艦が開国を迫り、近代化の波が押し寄せて来た。日本政府は欧米に植民統治される危険を排して、その植民統治する側に立つべく西洋人に猿と言われても真似て産業、軍事、教育などの近代化を急いだ。

近代技術の中での「暮らしと紡ぎ車」

技術の近代化がもたらした英国植民地主義に対して、インドのマハトマガンディーは真正面から戦った。その象徴は、紡ぎ車だった。これは誰もが知っている事でしょう。が、まず、紡ぎ車のことは置いといて、技術の「近代化」とは何?なんとなくの理解ではなく、はっきり理解して、今の日本の身近な暮らしの視点から見てもらいたい。
近代化の典型的な話し。生物学の発展に大きく貢献した、ドイツの小さな顕微鏡工場ツァイスが近代化で世界のツァイスになった話し。
当時、東ドイツ。従業員5人くらいの小さな光学製作所ツァイスは対物レンズの色収差を補正した顕微鏡を作っていた。顕微鏡の対物レンズは焦点距離が短いので、倍率を上げると光がプリズムのように虹色に分かれてしまって、細部が良く見えない。それを、屈折率の異なるガラスのレンズを2枚3枚と重ねて、職人の技術と勘で色収差を取り除いていた。当時もすでに、ツァイスの名は優秀な顕微鏡で有名になっていたのだが。そこに、アッベという若者が加わって、複数のレンズの組み合わせの、全てのレンズの寸法や焦点距離、その誤差の許容値を計算して設定した。全ての誤差計測方法が決まっただけでなく、職人達の作業にもいちいち規準が作られて、検査規準も、組み立て手順も厳しく決め、「作業の分割」が実現した。これによって、顕微鏡の能力が桁違いに向上し、世界的に需要拡大したばかりではなく、その拡大した生産量を、何とわずか20人の従業員でこなし、その上、価格を25%も下げることに成功した。

200年ほど前に英国で産業革命が起こって以来、「作業の分割は生産効率を大幅に上げる」と言われたこの「優れた分割思想」は、大量生産に向いていて、現在も、私達の生活の全てに深くはびこって、引き続きその方向に進んでいる。勿論、悪いと言うのではない。非常な精度をもって事に当たる。
例えば動物の体を、胃とか腸、肝臓などの気管に分けて観察する。それを細胞、さらに細胞膜。細胞の中の、自分のDNAを持って呼吸をし、エネルギーを生み出しているミトコンドリアという、ちょっと奇妙な細胞内小気管(これが発見されるのに、顕微鏡の能力が決定的な働きをした)細胞の中のミトコンドリアの外膜と内膜を分け、その二つの膜の間あたりに30種類の物質を分離して、それぞれがどこで作られ、何の役割をしているか分析している。この近代技術、近代科学、近代産業、近代思想などと言う「近代」の特徴は徹底的に、半端ではなく、分ける事。その「分割」の程度は、私達が日常の暮らしの中で言う「分業」とは別物。江戸時代からの「餅屋は餅屋」「得た事して買うたが良い」などと言う、のどかな「分業」なら、古代エジプト時代からも、日本の石器時代からも、石器作りなどでは「分業的」な事が始まって居た様だし、こんな自然な「分業」と近代技術の「分割」とは全く別物で、近代化の方は桁違いの精度と言う以上に、人の心の混入を許さない合理性、職人の勘とか魂とかは徹底的に排除されて、部品の寸法誤差の許容値内なら合格。その部品の担当者は他の部品の事など当然、知らなくて良い。製品全体に職人の心などは近代技術の邪魔にはなっても利益にはならない。不満が有る者は「居酒屋で愚痴ってろ」・・・最近は居酒屋も少なくなって「独りでメールで愚痴ってろ」?なのです。
問題は、その優れた近代技術に欠陥が有るというのではなく、その分割思想で出来た合理的な空気にヒトが適応して生きようとする、その「私が生きる」と言う「柔軟」な生命、または「頼りない」自己の方に深刻な問題が生じて来ているように見える。

ヒトの祖先は森林で樹上生活をしていたサルだが、環境の変化で森林が減り、地上に降りて生活することとなった。この変化は彼らにどれほど大きな努力を強いたことだろう。地面を立って歩き、遠くを見て、平原の野獣に注意を払いながらの食物採取。今、今度は地上の生活から出て、この近代化の分割思想が作った「分割社会」に適応するために、樹上生活から平原に降りる時の苦労のように、懸命に、神経を病んででも、慣れるための苦労を強いられている。
そんな所で頑張らなくても、他に、うまく人間中心の手作り思想の空気を作り出す道は無いのだろうか?ミミズのように身辺の生活の土壌を改良して、個々の存在を大事にした、近代技術も適当に使っての超近代社会は出来ないものだろうか?

「自給自足」に憧れて沖縄の田舎に移り、何かを始めようとしているカップルや、自分でラーメン屋をインドで始めるのだとか、インドで服を生産して日本で自営業を始めようなどと考えている若者達に最近、幾人も出会った。やはり、平地で、周囲を見て触れて感じ取り、自分の生活を把握して判断でき、工夫して食物を得て暮らしていく自営業の空間が日本にもっと拡大すると良いなと思う。学校教育は大企業の「分割された作業」向けなので、世界はそこしか無く、卒業前は就活しかないようになっていて、自営業について教えてくれない。が、アナンダは個人の「連続性の回復」の仕事なので、自立自営業について応援したい立場だよと、はっきり若者達にアピールしておかなければならない。・・・・・阿



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アナンダブログ

紡ぎ車と世界の原毛アナンダのおすすめやお買い得、いろいろなノウハウ、また講習会やイベントの様子をお知らせしています。
また、アナンダの会報「糸ばたかいぎ」に連載のコラムもさかのぼって掲載してありますので、どうぞお読み下さい。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

記事検索

購読

ケータイ

qrcode
***
ページの一番上に戻る